印鑑 はんこ実印の専門店/内田印房 印鑑、はんこの専門店。実印、銀行印、法人印、ゴム印などお受けしてます。
トップページへ
 訂正印
 朱肉不要のネーム印
 印鑑の彫り直し(改刻)
 朱肉・スタンプ台
 印鑑ケース
 
内田印房有限会社
URL http://www.uchidainbou.co.jp/
E-mail info@uchidainbou.co.jp
埼玉県加須市本町2番10号
電話0480-61-3285(代) FAX0480-61-3624(代)
営業日 月〜金(祝日を除く)
このサイトおよびサイト上の内容を無断で複製,転載,使用することを禁じます.
バナー

 

ゴム印 の Q&A

◎ゴム印の注文方法がよくわからないのですが。

よく使われる定型的なゴム印商品の注文ページが設けてございますのでご利用下さい。オーダーメイドゴム印や、その他ご不明な場合、FAX(0480-61-3624)またはE-mailにてお問合せ・御注文下さい。  FAXの場合はFAX専用注文ページを印刷のうえ、0480-61-3624まで、 E-mailの場合はメール専用注文ページにてご注文ください。なお、お客様のお名前・ご住所・連絡先TEL,FAX,E-mailアドレス等をあわせてお知らせください。また、お見積もりのみを無料にてとることもできます。FAXまたはE-mailにてどうぞ。お客様の印影のサンプルがある場合はFAXが簡単です。 TOPページに要領を記載してございますので御覧下さい。

◎ゴム印の書体や印影サンプルについて

書体はこちらを御覧ください。 

なお、印影サンプルの各種レイアウトと、書体とは自由に組合せできます。

◎メールアドレスなどアルファベットはできますか。

はい。可能です。

◎枠付きのものや、ロゴを取り入れたものはできますか。

はい。可能です。ロゴにつきましては鮮明で拡大したものを郵送いただくか、E-mailにてデータ渡しでいただくかのいずれかの方法で当方にお送り下さい。(FAXで送信いただくと不鮮明になる場合があります。)

◎親子印合わせ判台木のフリーメイトとアドレスとフレンドリバースの違いは何ですか。

台木の幅や高さなどの規格は同じですが、製造メーカーが違うため連結部分の継ぎ目のデザインが異なります。したがって、それぞれの互換性はございません。強度や使い勝手に違いはございません。

◎親子印合わせ判台木(フリーメイト・アドレス)のゴム印面の高さがバラバラで、組み合わせて使用するのが不具合なのですが。

ゴム印製造工程上の避けられない問題なのですが、作製するタイミングが異なると、ゴムの厚み、すなわち印面の高さが異なってきます。つまり、一度にまとめてご注文いただいたものは、すべて印面の高さが同じになるので問題はないのですが、既存でお使いのものと組み合わせる目的でご注文いただいたものが、既存のものと印面の高さが異なるケースが発生します。現在62ミリ台木・67ミリ台木につきましては、印面の高さ調節機能が付いておりますのでご注文分と既存分と組み合わせても問題はございません。ただし、52ミリ・57ミリ・73ミリの各台木につきましては調整機能が付いておりませんので、印面の高さが異なるケースが発生します。差異がわずかであればそのまま問題なく使えるのですが、差異が大きい場合は高さをそろえる調整処理が必要となります。納品後、印面の高さで不具合がある場合は、ご注文分と既存でお使いのものと一緒に当方にお送りいただければ、無料にて調整のうえご返送いたします。その際は誠に恐縮でございますが、当方にお送りいただく片道送料分のみご負担願います。なおご注文時に、あらかじめ既存でお使いのものをお送りいただければ、ご注文分と既存分の調整処理のうえ納品させていただくことも可能です。(恐れ入りますが当方にお送りいただく送料分はご負担願います。)また今のところ、62ミリ台木や67ミリ台木を使用する限りはこの問題はクリアできますので、ご注文時は62ミリ台木や67ミリ台木にご指定されることをオススメ致します。(長さサイズが異なる台木同士は、組み合わせてお使いになれませんのでご注意下さい。)

◎ ゴム印を新しく作りましたが、いくらも使わないうちに硬くなり、写りが悪くなってしまいました。

スタンプ台のインクの種類には、一般に使用される水性・油性・顔料系と有りますが、ゴム印と使用目的インクの相性が合わなかった為です。                                             ゴム質の種類も、おもに、耐油性ゴム・天然ゴムと2通り有ります。                            普通事務用に使用する時は、水性のスタンプ台に天然ゴムの組合せで良いかと思います。 工業用に使用し、インクを吸収しない紙・物に捺印するときは、速乾性の強い油性のインクが良いです。コム質も、天然ゴム印より2〜5割位高くなりますが(耐久性も倍以上使用できます)耐油性のゴム印を使用すると良いです。  ご注文時に使用目的をお知らせいただければ、当方にてアドバイス差し上げることも可能ですのでお気軽にご相談ください。なお、ゴム印を直射日光にあたるところに置きますと、ゴムの劣化の元になりますのでご注意ください。また、時々ハブラシ等で印面に付いた紙粉やほこり等を、取り除いて頂ければいつまでもきれいに捺印できます。

 

印鑑 の Q&A

◎印鑑の印材や書体やサイズについて

こちらを御覧ください。

◎アルファベットは彫刻できますか

はい。可能です。

◎水牛印は芯持ちですか

はい。耐久性に優れている、芯持ち(角の中心部分)印材を使用しております。

◎「○子」などの下の名前のみの彫刻は可能ですか。

はい。可能です。結婚後「姓」が変わっても使えるように、下のお名前のみにて作られるお客様も多数いらっしゃいます。印鑑登録して実印としても、また銀行印としても使えます。(印鑑登録に関しては各市区町村で若干の規定の違いがありますので、実印として作られる場合は、念のため登録する役所に確認されることをお勧めいたします。)

◎手持ちの印鑑を彫りなおすことはできますか。

思い出のある古い印鑑、ワクが欠けてしまった印鑑、使用しなくなり眠っている印鑑、長く使用して印面が擦り減った印鑑、などを彫りなおす(改刻といいます)ことができます。象牙・水牛・貴石(メノウ・水晶・虎目石)・その他石類などの印材であればOKです。価格は都度お見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。なお、柘植(つげ)製やラクト・合成樹脂などの三文判につきましては、印材強度と価格の面から、改刻には不向きです。

◎開運吉相印鑑について。通常印鑑の吉相体印との違いは。

当店の開運吉相印は、長い間の統計を基に作られた、八方位、姓名鑑定法(81数吉凶の数意)により、 配字、鋭意彫刻致します。彫刻するお名前の方の生年月日より、最適な印材が決まります。彫刻するお名前の方の姓名鑑定をおこない、お名前の画数により吉凶を判定し、印のワクに文字が接する接点を確定し、彫刻いたします。印鑑完成後、姓名鑑定書と印相鑑定証とともにお届けいたします。通常印鑑の吉相書体印は、姓名鑑定や接点確定等の作業が省略されます。姓名鑑定書や印相鑑定証も付きません。

◎ 黒い水牛かと思いますが、虫が食べたような穴があいてしまいましたが、まだ印面は   大丈夫なのですが何か保存方法が有りますか。

衣類に付く虫が食べたものと思われます。ビニール袋に樟脳と一緒に印鑑を入れて保存して下さい。黒水牛、オランダ水牛等は、虫がつきます。長い間使用しない時は樟脳といしょに、保管して下さい。      

◎ 印鑑の印面に朱肉が固まってついてしまい、良く写りませんが、良い方法はないでしょうか。                                             

印面を水に少し濡らした、ハブラシ等、軽くこすって見てください。取れないようでしたら、専門店にて、取ってもらいましょう。当社で無料で致して居ります。                            印鑑に朱肉を付けるときに、朱肉の面に軽く、たたくようにして、付けて下さい。捺印し終わったら、テッシュ等で残った朱肉を拭き取って保存して下さい。

◎ 印鑑の中心部分が良く写りませんが、どのようにしたら良いですか。

印材の良く乾燥していない材料を使用したか、彫るときに印面を平らに(面すり)をしなかった為です。又、印材によっては、印面の中心部分を多少凸状にして彫刻する場合もあります。 経験豊かな、専門店で作りましょう。

◎さや付きの印鑑を作りましたが、さやが取れなくなってしまいました。             

濡れたタオルに包み、15分〜20分ぐらい、置いておきますと、取れます。又、冷蔵庫に入れて置いても良いです。湿度や空気の乾燥状態により起こります。

◎開運吉相印鑑で、自分の生まれた年と印材との合性

生年月日をもとに、印材選定表により合性の良い印材が決まります。

鑑定の結果が、黒水牛または象牙が吉、 もしくは、象牙または黒水牛が吉、の場合、人の上に立つ方は、白(陽)=象牙を使用するのがペストです。 

白=陽、黒=陰

陽=おとなしく、内向的にならないよう、白(陽)で盛り立てる。

陰=陽気な,外向性を落ち着ける為、黒(陰)で押さえる。 

            

◎欠けた印鑑、また使用済みの印鑑は、どの様に処分すれば良いのでしょうか。

  1. 汚れを取り、半紙に包み、神棚又は仏壇に収める。

  2. 当社にお送り頂ければ、京都の下鴨神社に年に一度まとめて、全日本印章業組合の手により供養の後、奉納致します。

  3. 印面を削り、改刻して、再使用する。

  4. 印面を10ミリぐらい残して、切断し、(他の大切なところに使用している可能性のある場合用に保存しておきます。)新しく彫りなおして、使用します。

  5. 彫刻料は、材質、大きさ等により決ります。おしらせいただければ、お見積り致します。           

◎銀行預金のペイオフ解禁に伴い、銀行印はどの様にすればよいのでしょうか。

今までは全額保証されていた銀行預金が、ペイオフ解禁の実施に伴い、銀行が破綻した場合に保護される預金が1000万円までとその利子等に限られます。この場合、同一金融機関に同一銀行印で家族の口座を複数開設しているケースが「名寄せ」(同一金融機関に複数の預金口座を開設している預金者については、それらの預金金額を合算の上、保護対象額が確定されること)に該当する可能性があります。預金が特定の人の預金と証明されるには、家族一人一人の銀行印が必要です。銀行印は名前入りがベストです。贈与についても、たとえば祖父母が孫に贈与する際に、孫の名前入りの印鑑で口座を開設するのがベストです。

ペイオフ解禁の詳細な情報はこちら

 

その他 の Q&A

法人印鑑や個人印鑑の価格はどうなっているのですか。

法人・個人印の価格はサイト上に掲載しております。基本的にはすべて、印材代・彫刻代込みで皮ケース付き(会社角印と会社割印はケースに代えて皮袋)の価格です。なお、極端に文字数が多い場合や特殊な書体などは割増料をいただく場合もございます。なお、ネット販売の利点と自社製造の利点によりコストを軽減させ、高品質・低価格にて販売させていただいております。

ゴム印の価格はどうなっているのですか。

ゴム印の価格は「書体」「文字の大きさや字数」「台木の種類」「面積」などの組合せで、決定されます。またロゴを使用の場合や特殊な書体などは別途版下代がかかります。従いまして、ご注文内容により都度お見積もりさせていただきます。(一部ゴム印についてはサイト上に価格を掲載させていただいております。)

◎名刺は取り扱っていますか。

お取り扱い検討中です。

◎注文から商品受け取りまでの流れはどうなっているのですか

こちらを御覧ください。

◎支払いや発送方法について

こちらを御覧ください。

◎輸送中に破損したり、届かなかったりした場合は、保証して頂けるのですか

当社では現在までのところ荷物が到着しないなどのトラブルは幸いにしてございませんが、輸送中の破損などのトラブルを含め、万が一そのようなケースが発生した場合は、事情を確認のうえ対応させていただきます。なお、郵送の代金引換払や宅配便などは、送り状の伝票番号をもとにインターネットなどで荷物の追跡調査が可能ですので、そちらを使用なさるのも宜しいかと思います。(定形外郵便は追跡調査ができません。)

◎お客様による印影の校正を希望しない場合、納期は早くなりますか

納期は早くなります。 もちろんお客様の校正有無にかかわらず、当方にてすべての印影は校正しておりますのでご安心ください。

◎領収書は発行できますか

領収書につきましては原則、代金引換払いの場合は代引証の受領証を、銀行振込・郵便振替の場合は振込票の受領証を、クレジットカード決済の場合はカード会社から送付されるご利用明細を、それぞれ領収書とさせて頂いております。

◎小売店などへの卸販売はしていますか

はい。全国の印章店様・文具店様・事務用品店様・書店様・etc...など印章用品を扱っていらっしゃる方へ卸販売も致します。価格は別途ご相談させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

◎実店舗にてネット価格で買うことはできますか

当社実店舗(埼玉県加須市)へご来店でお求めの場合、インターネット販売価格にはなりません。諸コスト削減によりネット価格は実現しておりますので、ネット価格はネット上でのお買い物に限らせていただきます。

印章豆知識の中にもご参考になることが、掲載して御座います。

全日本印章業協同組合連合会会員
埼玉県印章業組合員
特定國際種事業届出 事業者番号 T−3−11−10036
加須市役所 入札参加資格  502

内 田 印 房 有 限 会 社

e-mail